横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/06
大好きな曲「SO IN LOVE」
[ 思い出 ]   
zsdzf

裕美・ルミィヤンツェヴァ

http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/


(BOBCAT様へのブログへ書き込み・・・)
「SO IN LOVE」の件ですが、若い頃(10代)古い映画が大好きで、淀川長治を追いかけたくらい映画評論家になりたかった・・・というお話はいつしかしたと思いますが、日曜映画劇場のバックの曲が実はこれだったんです。

毎週毎週欠かさずに見ていました。でもこれはコール・ポーターのジャズ曲でしたので、小学生の私には曲目なんてわからなかったのです。ラフマニノフか誰かが書いた交響曲にしか私の耳には響かなかった。しかしながら、この哀愁あるメロディーが生涯私の耳から離れなかったのはただの偶然ではない。歌詞がそれ以上に素晴らしいのだから・・・。

コール・ポーターの曲はほぼ全部歌ったことがある。マレーネ・ディートリッヒが「彼の和音はめちゃくちゃだけど、歌詞が非常に良い・・・。」と褒めけなしたのを思い出す。確かに難しいフレージングがよく出てくる。基本に全く徹しない曲構成。数々の例外。ぎこちない和音進行。これぞ正にジャズであるっといった感じだ。

コール・ポーターとは曲に初めて「コカイン」という過激な言葉を使った人でもある。海外暮らしが長く、私生活も派手で、いかしたダンディ。実際に会ってみたかった人の一人です。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

CHORD Fusion 基本理念
PING:
BLOG NAME
"音と音が出会うことで和音が生まれ、
和音同士が融合することで音楽が生まれていく。
""音""が""楽""しんでいるのが""音楽""。
CHORD Fusion では ""メンバー""を""音""と考えています。
メンバー同士が力を合わせるチームはすなわち""和音""。
チームが協力や刺激しあうことで達成される仕事はすなわち""音楽""です…"
...
[URL] 2007/12/08(土) 19:26 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。