横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/24
ナインハーフ
[ 映画 ]   
nm
私は当時10代でしたが、
結構なマセガキで、
このような官能映画が好きだった。

キム・ベイシンジャーが飼われた猫のような役を
するところにスリルがあった。
またミッキー・ロークがにやけた成金を演じ、
二人がマニアックな世界へと落ちていく過程が楽しかった。

ニューヨークの市場で出会う見知らぬ二人が、
秘密の交際を始め、
その関係がどんどんエスカレートしていく模様は
都会ならではの出来事で、
人々の孤独さを物語っているようだった。

また監督、エイドリアン・ラインの
描写の仕方が素晴らしかった。
光と影の程よい調整で、
風景が美になっていた。

ミッキー・ロークがキム・ベイシンジャーの
肩にかけるスカーフの柄の美しさまで鮮明に覚えている。

普通の人は ハラハラ・ドキドキしながら
見たのだろうが、
私は単に画像の美しさや、
ストーリー展開を単純に楽しんだ。

「飼われた猫のように」と
題する原版も英語で読んだ。
お気に入りの映画の1つで、
10回くらい見た気がする。

裕美・ルミィヤンツェヴァ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。