横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
05 * 2018/06 * 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/24
ロシアからアメリカまで
「ああおもしろいね」 ラグタイムにはラフマニノフの「プレリュード」をパクったものやら、ビゼーの「カルメン」を織り込んだオペラティック・ラグやら「メリー・ウィドウ・ワルツ」のせいでラグタイムが廃れちゃった・・・なんて歌やら色々とありとても幅広い。 ラグタイム以外にも 古曲では「大きな古時計」を138年前のオリジナル版で我々は演奏している。歌詞は勿論英語だ。その他、ゴスペル、賛美歌、ディキシー、ニュー・オリンズ、スウィング、ラテン、とスタイルも様々。 ラグタイムは世界初のポピュラー・ソングで、異なる要素が沢山詰まっているところが特に面白い。 私達の音楽はヒットしなくていい。何故ならヒットとはほんの一瞬の出来事だからだ。死ぬまでずっと続けるつもりなので、一瞬の輝きでは物足りない。 良い製品が大量生産できないように、良い音楽も大量生産できない。ラグタイムはほんの少数派の音楽かもしれない。でも本当に好きな人に、この音楽を理解する器のある人に聴いてもらいたい。 私達にとっては お金よりも名声よりも「ああおもしろいね」がこの上ない最高のご褒美だ。そしてそれは終わりではなく、その人の人生に「ラグタイム」を注ぎ込んだ正に始まりなのである!!! http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/
スポンサーサイト
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。