横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/25
イノベーションは「新結合」という意味
36-thumb.jpg






色々なスタイルのジャズをずっとやってきましたが、余りにジャンルが枝分かれし過ぎて、至ってつまらない音楽にたどりついてしまった。(←まあ、感じることは人それぞれでしょうが・・・)

そこで、始まった私達のINNOVATIONが 「ラグタイム」だったのです。自分達の経験していない時代の音楽。かといって100年位前だからそうほど遠くない。

テーマを即興するのではなく、譜面を見ながら再現する音楽。スウィングしない音楽に意味を持たせることが 正に我々が導入した新しいこと。すなわち革新であった。

現代を生きる自分達と演奏されることなくうずもれていたラグタイム曲が アクロス・カルチャーで、新結合したというわけだ。

既に存在する曲をラグタイム調に弾くとなるとそれは、「ラグタイム」ではなくジャズの部類になり、クラシック曲をストライド奏法で弾くということになる。

またこれを敢えて「ラグタイム」と呼ぶのならば、それはパクリの世界なのだ。クラシック・メロディーのあれこれを引用して譜面に書く作業が行われる。いわゆるその曲のパロディー・バージョンが誕生する。

そしてそういうパクリがラグタイムには非常に多い。何故なら、譜面の読めない書けない黒人達が白人音楽を真似したからだ。アメリカ民謡やクラシック音楽のフレージングがいくつも出てくる。

古い物でも新鮮さを与えるものは 人の心の中で、どこか新しい。それは必ずしも真新しくなくても、革新されていなくても良いと思う。

私達がラグタイムを途轍もなく懐かしく感じるのは、確かに不自然であるが、それは未知の世界へのノスタルジーなのである。

同じ人間が生まれて来ないように、同じ時間が二度と来ないように 生まれてくる全てのものにどこか新結合があるのでは???





裕美・ルミィヤンツェヴァ

HIROMI RUMIANTSEVA

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。