横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/22
アーミッシュ・ピープル

  

aswf

●(友人) 
刑事ジョン・ブック、私も昔、見ました。ハリソン・フォード主演でしたね。世にも珍しいアーミッシュについても映画で初めて知ったのですが、その後アメリカで本当に彼らに出会うとは思っていませんでした。
映画で出てきたのはペンシルベニア・ダッチといわれる一派ですが、私のいたオハイオにもアーミッシュがいたのです。それも自宅から車で一時間くらいの田舎に。オハイオでは、アーミッシュだけ固まって住んでいるのではなくて、混ざっていました。だから農家の庭先を見て、トラクターがあると普通の農家、馬車があったり洗濯物が派手に干してあったりするとアーミッシュと区別できました。あの黒い馬車も、よく車で追い越しました。もちろん道路わきは馬糞注意! 奥地に行けばこういう人たちの普通の暮らしがあるアメリカの多様性を感じました。
彼らは写真を撮られることを極度にきらい、人形には顔を描かず、キルトは無地で幾何学模様のみ。それ以外は100年前のアメリカだったら特に変わったところのないごく普通の人々に見えました。人と争わないし、絶対殺人はしないと聞いたので、ベトナム戦争時の徴兵をどうやりすごしたのか興味がありました。徴兵拒否が許されなかった時代でしたよね。地域の歴史博物館で聞いてみたのですが、若い学芸員は首をかしげるばかり。すると観客の老人が教えてくれました。「銃後の仕事」というのがちゃんとあったそうで、アーミッシュの男たちは地域でできるそういう仕事に借り出されたのだと言ってました。ここでもあの国の多様性を感じたのでした。
なつかしくなって、思わず長くなってしまいました。

 ●人形に顔がないというのはロシアの民芸品にもあります。魔よけに使われていますが、顔がないのはなんだか不気味です・・・。
懲役制といえば、ドイツでもそこから逃れる方法があり、政府宛てに作文を書くと、介護やらの社会福祉をするのみで済むとか・・・

裕美・ルミィヤンツェヴァ
http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/

 



スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。