横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/23
貧困 [ 社会問題 ]
xdfhgj



貧困は何故生まれるのだろう。どこを歩いてみてもお店屋さんがいっぱい。物品の山積み・・・。余るほど物があるように日々感じる。もしファースト・レーディーやプリンセス達が贅沢をせずにTシャツとジーンズで、公の場に姿を現したら、その節約により貧しい人達に寄付できるのであろうか。

でもそうしたらブランド物のデザイナー達が損害を被る。有名人・著名人達が着飾ることにより生計を立てている人達も世の中には沢山いるのだ。モデル、新聞記者、ブティックの経営者、布工場の労働者からファッション業界の宣伝マンまで、影響を受ける。

要するに上流社会の生活レベルを下げずに、下層社会を救わねばならないのだ。お金は川の水のように、高いところから低いところへしか流れない。ベンツのような高級車や煌びやかなロレックスの腕時計は生活必需品ではないが、それを最高の商品として完成させるためには沢山の人々の労働力と長い歳月が費やされている。

英軍を通じて古着を寄付したり、ドイツの地域で衣類をリサイクルしたり、日本のユニセフに問い合わせたり、色々してみたが、人を救うということはそう容易いものではない。何故なら本当に必要としている人にその品物が確実に届かないからだ。たとえ古着が一人一人に2・3着届いたとしても、それで彼らが必ずしも困難を乗り越えて生き延びるチャンスを得るわけではない。

人類が皆幸せに共存することの難しさを常に感じる。私が今日残したパンで死なずにすんだ人がいるかもと思うと、硬くなったパンでも残さずにかじるのである。まずは些細なことから開始するしかない。できるかできないかは意識の問題なのである。

裕美・ルミィヤンツェヴァ
http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。