横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/20
ラグタイム・ピアノの華麗な世界を!









WHO LET THE COWS OUT?
[ ラグタイム ]    



明るく楽しい
アレェクスェイのCDはいかがですか?

アレェクスェイ・ルミィヤンツェフ
“ SILKS  AND RAGS "

「ラグタイム・ピアノの華麗な世界を!
超優秀録音のピアノ・ソロ」



BY ALEXEI RUMIANTSEV

CD収録曲
1. 12TH STREET RAG
2. PALM LEAF RAG
3. THE STINGING BEE
4. KEY-STONE RAG
5. CHARLESTON RAG
6. EUGENIA
7. SHOVEL FISH RAG
8. SILKS AND RAGS
9. THE ENTERTAINER
10. CATARACT RAG
11. RED PEPPERS
12. MAPLE LEAF RAG
13. GRANDPA’S SPELLS
14. SWIPESY
15. CAROLINA SHOUT
16. HORSESHOE RAG
17. WHO LET THE COWS OUT?
18. TOM CAT BLUES




♪アレェクスェイを初めて聴いたのは、ちょうど1年前・・・その時、やっと日本でもこのスタイルのピアノが聴けるようになったという印象を私に与えてくれた。ラグタイムやストライド系のジャズ・ピアノは一種独特で日本人にはなかなか難しいらしく、何人かは弾くが本家アメリカのレベルにはほど遠いものがあった・・・以来、家にある譜面のなかから私の好きな曲をコピーしてリクエスト、彼は見事にそれに応えてくれた・・・彼のピアノは日本人にはなかなか居ないスタイルだと思います。ragtimeというよりは、strideに近い、そうかといって完璧なstrideではなくJelly Rollに近いスタイルですね。自分のスタイルだからそれでいいと思います。私の希望としては、もっとJoplinやJoseph LambなどクラシカルなものやEubie Blakeなども演奏して欲しいものです。いずれにしても、もっと彼の演奏を聴きたいので、極力、聴きに行くつもりです。(ラグタイム研究家の声)

♪I met your brilliant performance of ragtime on Sunday. I was really inspired.(アメリカ在住経験のある日本人の声)

♪「SILKS AND RAGS」、とても素晴らしい作品で感動しました。毎日、楽しんで聴いております。(JAPAN  RAGTIME CLUB会員の声)

♪今年はラグタイムに出会って本当によかったな~と思います・・・アレクスェイさんの生演奏を間近で観れて、大変勉強になりました。もうちょっと弾けるようになったら、レッスンして頂きたいと思います。 (ラグタイム・ピアノの生徒の声)

♪I guess we were the only people in Tasmania listening to him!(タスマニア島で、アレェクスェイのCDを聴いているのは自分達だけだと確信しているオーストラリア人の声)

裕美・ルミィヤンツェヴァ





スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。