横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21
約5年前の本音







皆さんありがとう!!! 
[ 思い出 ]    


bhm

2年前、2003年9月20日に自分が綴ったもの・・・。
少しは成長できたかしら???

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近は HPの訪問者も増え、
やっと活気が出てきたという気配がし、
嬉しく思っております。

アマチュア・ミュージシャン
(彼らは おそらくセミプロと言うのでしょうが...)
とのジョイント・ライブも無事に終わり、
音楽は 所詮楽しむものだから、
プロもアマも余り関係ないと思いました。
お客さんが 満喫して下されば 
それでいいとつくづく感じました。
(勿論、向上心は 大切です。)

むしろ、音楽で生計を立てなければならないプロよりも、
副業を持っているアマチュア・ミュージシャンの方が、
選曲や音楽思考に偽りがないので、
芸術に対して誠実だと思います。

何しろこれは 人気商売ですから、
お客様のリクエストに応じるために、
知らない曲や不得意な曲を
無理やり演奏しなければならなかったり、
全く違うジャンルに挑戦してみたり、
本当に自分達がやりたい音楽を
奏でることができるまでは、
途方に暮れる思いです。

良い音楽家との出会いや
自分達を見初めてくれるプロモ-ターや
技術面で援助をしてくれるプロデューサー、
そして、営業面で盛り立ててくれる
スポンサーが必要なのは言うまでもありませんが、
音楽家達の収入は そんな環境に容易く至れるほど
高額ではありません。

残念ながら 我が国では 
音楽家が芸術のことだけを考えて生活できる日は 
まだまだ、遠いようです。

スーパーのレジをしたり、コンビニで働いた方が 
よっぽどお金になるのではと思うときもしばしばありますが、
まあ、いずれにしても人生一度しかないのだから、
好きなことをして生計を立てようと努力し、
それにて奮闘し、葛藤し歩んでいった方が、
幸せなのかもしれないと、
開き直ったりもしています。

人生山あり谷あり、平坦な道だけでは、
きっとつまらないのだから、
冒険しながら歩んでいきます。

皆さん、これからも 
精一杯頑張りますので、応援して下さい。

裕美・ルミィヤンツェヴァ
http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。