横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/08
愛しのニューオリンズ [ 旅行 ]

sdrhf

ニューオリンズが大変なことになり、何か自分にできないかと毎日考えるが、人助けをするということはそう用意ではない。チャリティー・コンサートを行い、町の復興基金を集めること自体は難しくないが、実際に現地へ行き泥まみれになり、細菌・バイ菌と戦いながら人々のを救出することは並大抵のことではない。

飛行機代・宿泊費云々を考えると、もっと身近なところで人助けをするべきだという結論に自ずと至る。自分の町にもホームレスが沢山いる。段ボール箱で寝床を作り、リヤカー片手に移動しながら住み歩く人。社会という組織に囚われることなく生きたい人。何も背負い込まない身軽な人生を好む人。家庭の事情ありで、やむを得ず路上で暮らしている人。彼らは決して悪人ではないのだ。彼らが一刻も早く社会復帰出来るように国と地域が一体となって考える必要があるのだろう。

20世紀前半に起きたミシシッピー河の大洪水で、ニューオリンズ付近の人々はひどい被害を被った。私が最も影響を受けたブルース・シンガー、BESSIE  SMITHが救済基金コンテストでBACK  WATER  BLUESを熱唱し、見事1位の座を占め、50ドルの寄付金を獲得。そのエネルギッシュな歌声で、人々の心を和ませ、希望と活力を与えた。この歌はDAINAH WASHINGTONが受け継ぎ、後世へも伝えられているが、今時歌う人は少ない。私も滅多に歌わないが、ニュー・オリンズ復興を願って今後この曲を積極的に歌おうと思う。


裕美・ルミィヤンツェヴァ

http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。