横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/29
DARKTOWN STRUTTERS’ BALL
DARKTOWN STRUTTERS’ BALL
[ ラグタイム ]    
CCN

昔は、ダンスに行くと言えば
男性はシルク・ハットに燕尾服、
女性はパリの流行に身を包み、
ショールを肩から羽織って
煌びやかに出掛けたようだ。

中でも男性が女性を車で迎えに行く光景は
アメリカ映画によく出てくるシーンである。
当時の歌には、
ダーリンが私を迎えに来ただの、
必要以上に待たされただの
という歌詞が頻繁に出てくる。

この曲では 自家用車ではなく
彼がタクシーで迎えに来る設定となっている。
きっとお酒を飲むからだな???

そして舞踏会上での音楽は
勿論バンドの生演奏。
時代背景は、
TWO STEPが大流行していたときだ。

ダンスのみならず、
上流階級間では、近所近辺の人達と
ドレス・アップ、
いわゆる着飾り方をも競い合ったようです。
50ドルの賞金まで出たというから、
みんな随分気合を入れていたのですね。

「JELLY ROLL BLUES」が奏でられるときには、
靴底が擦り切れるまで踊りまくるわよ、
という意気込みである。

う~ん、こういう舞踏会やりたいですね!!!
Shall we dance ???

裕美・ルミィヤンツェヴァ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。