横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/29
「NEW ORLEANS」

「NEW ORLEANS」
[ ジャズ ]    

HFYHK

ホーギー・カーマイケルの名曲の中でも、
私が非常に心を込めて歌うのが、
この曲「NEW ORLEANS」である。

有名な曲ではあるが、
歌っている人は極めて少なく、
歌詞があることすら知らない人が多い。

そもそも、
私自身この歌詞を
ホーギーの直筆から読み取った。

スタンダード曲集でも
この曲は大抵取り上げられておらず
彼の全曲集でも購入しない限り、
この歌詞には巡り合えない。

“古風な南部の街をまだ見たことがないのなら、
ただただニュー・オーリンズを思いなさい。
あの街を見たことないなんて気の毒ね。
だって他にニュー・オリンズのような街は存在しないもの・・・。

それは、一杯のワインで君の笑顔を出迎え、
時代遅れのレースを思い浮かばせるところ。
もし僕の焦がれる黒い瞳の子を見かけたら、
そう、君はきっとニュー・オリンズにいるのだろう・・・”


裕美・ルミィヤンツェヴァ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。