横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/29
スピネット
スピネット
[ 音楽 ]    
YUO

茨城県での演奏会の後、
ひょっとしたことから
ピアノの調律師をしている人の家に
突然お邪魔することになった。
(勿論お邪魔しただけでなく、
食客・宿泊客として
立派に出迎えられたのだが・・・)

朝食時にその人が何げなくこう言った。
「うちには100年前のアメリカ製スピネットがあるよ。」
一瞬、「スピネット???何じゃそりゃ???」
と思ったものの
アレェクスェイにはよく通じていたらしく、
二人の会話が弾んだ。

どうやら小型のチェンバロみたいな鍵盤楽器を
「スピネット」というらしい。
見た目はアップライト・ピアノと
なんら変わりがないが、
高さが低く鍵盤も少ないようだ。

この楽器、とてもラグタイムに合うんです。
古いので、音も迫力なく
調律もホンキートンクでしたが、
昔の雰囲気がそのまま伝わってくるような
懐かしい音色でした。

アレェクスェイが非常に興味を持った姿を見て、
「車に積んで持って帰る???」
とまで言ってくれましたが・・・
そんな楽器がうちにあったらいいですよね。

しかしながら、
人に説明するときに、
この「スピネット」という言葉が
なかなか出てこなくて、
「エチケット」じゃなくて、
「ソケット」じゃなくて、
「インターネット」じゃなくて、
あれ???何だっけ???
という調子なので困ります。

この言葉をしっかりと覚えるように
今日は書き綴りました。



裕美・ルミィヤンツェヴァ
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。