横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/14
ニコール・キッドマン
ニコール・キッドマン
[ 映画 ]    
uyl

見るたびに美しく強くなっていく彼女に
ものすごい魅力を感じる。

オーストラリアからはるばると
アメリカへやってきた彼女だが、
下積み時代は非常に長かったようだ。

トム・クルーズ夫人だけで
人生を終えたくなかったというのも、
彼女ならではの頑張りがあったからこそ
説得力ある捨てぜりふとして残っている。

「デッド・カーム/戦慄の航海」で、
トム・クルーズに見初められ
「デイズ・オブ・サンダー」で、
共演・結婚へと発展。

「ビリー・バスゲイト」、「冷たい月を抱く女」、
「遥かなる大地へ」、「ある貴婦人の肖像」、
「プラクティカル・マジック」と
ずっと彼女のスクリーンを追っていた私も
「アイズ ワイド シャット」 や「めぐりあう時間たち」での
彼女の演技力にはとても驚かされた。

それもこれも流産・がん・離婚という
私生活での逆境を乗り越えてきた
彼女のたくましさ、強かさなのだろう。

人々の喜怒哀楽を顔のミミックや
ジェスチャーで表現するには
様々な経験が必要である。
波乱万丈な人生は
立派な女優になるための
レッスンだったのかもしれない。

今後も世界を股に掛ける大女優として
活躍してもらいたいです。


裕美・ルミィヤンツェヴァ


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。