横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/25
ラグタイムとソナタ形式
10003876991_s.jpg




●あ、三部形式を書くの忘れました。
こちらは単にA、B、A′です。
こんな単純なラグタイムもあるかしら???

● ラグタイム解説の引用です。
↓↓↓↓
Much ragtime is written in Sonata form, with four distinct themes and a modified first theme appearing in the work.

しかしながら、アレェクスェイとワインを飲みながら、ラグタイム真夜中議論をしていたところ、多くの楽曲を実際に弾いている本人は、これぞ「ソナタ形式」というラグタイムにはいまだ出会ったことが無いと言います。

むしろ、ABACAのような小ロンド形式が多いのではという意見です。

一方、殆どの英文で見つけるラグタイム解説にはこの「SONATA FORM」という言葉が使用されていますので、もしかして、アメリカ人のソナタ認識度が低いのかな????とも思ったりします。

実際のところどんなんでしょう・・・
● ラグタイムとソナタにまつわる話は意外と沢山あるもので、
こちらのCHARLES IVESも面白いですよ。
↓↓↓↓
88 Keys to Freedom:
Segues Through the History of American Piano Music
The Keyboard as a Field of Memories

http://www.newmusicbox.org/article.nmbx?id=2247
●ちなみにスコット・ジョップリンの Maple Leaf Rag は
AA BB A CC DD 形式です。

こちらにラグタイムとソナタは関連しているという記述があります。
↓↓↓↓
http://members.aol.com/midimusic/joyrag.html
●こちらではラグタイムをむしろアメリカン・マーチと形式付けています。
アレェクスェイもマーチ形式を確かに強調しますね。
↓↓↓↓
http://music10.ucdavis.edu/Glossary/R.htm
●明るいタイプのブルースと・・・こちらは完全にずれております。
ragtime・・・・・・ a cheerful variant of the blues, based on piano and jazz band music of the 1920s and 30s.
↓↓↓↓
http://www.folklib.net/folkfile/r.shtml
●こちらはかなり良い線いっていると思います。妥当です。

This structure is very similar to various march or dance forms or the classical Rondo.
↓↓↓↓
http://www.mfiles.co.uk/other-ragtime.htm
●ソナタよりロンドが近いんでしょうね。メヌエット、カドリール(4人1組のスクエア・ダンス)、マーチも出てきました。

Ragtime is derived from a rondo form resembling the minuet, quadrille or march.
↓↓↓↓
http://silverstringer.media.mit.edu:9000/servlet/pluto?state=3030347061676530303757656250616765303032696430303432313538
●直接は関係ないけど ROOTS OF RAGTIME のお話が、素晴らしいので・・・
↓↓↓↓
http://www.jazzbymail.com/ViewAlbum.aspx?iPID=2591&iAID=1396&sPC=1396_2591&sLCD=gsl5106&sAN=Milton%20Kaye&sT=
●スコット・ジョップリンのTHE RAGTIME DANCE の形式は: Intro/AA/BB/CC/DD/EE/FF です。

同じくジョップリンの EUPHONIC SOUNDS は ロンド形式で: Intro/AA/BB/A/CC/A です。

↓↓↓↓
http://www.wsu.edu/~delahoyd/20th/ragtime.html
●Chôro and Ragtime の関係というお話も面白いです。
↓↓↓↓
http://www.boukas.com/jjgarticles/jjg899.html



●Chôro はギターで、 Ragtime はピアノで・・・
↓↓↓↓
http://www.efn.org/~einhorn/discography7.html



●ラグタイムへの理解が深まります。素晴らしい解説。
↓↓↓↓
http://www.music.eku.edu/faculty/davis/rockhistory/mus222stearnsreadings.htm



●こちらにもやはり SONATA FORM が出てきますが、
組曲形式の意で、軽々と使っている言葉なのかもしれません。
↓↓↓↓
http://open-site.org/Arts/Music/Genres/Jazz/Ragtime/



●ラグタイム知識の宝庫
↓↓↓↓
http://dsc.gc.cuny.edu/part/part9/identities/articles/bruhn.html



●(友人) ソナタ形式のラグタイムは僕も聞いたことがありません
ただヨーロッパ系クラシックのソナタ形式と、アメリカ人のソナタの解釈が違うのかもしれませんね

ソナタ形式の重要なところは展開部だと思います





裕美・ルミィヤンツェヴァ
HIROMI RUMIANTSEVA
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。