横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/15
ラグタイムって??? [ ラグタイム ]

aszdxfvb

ラグタイムとは 19世紀後半から20世紀前半にアメリカのニュー・オリンズで大流行した楽曲です。ヨーロッパのクラシック調和音をそのまま生かし、アフリカ黒人のシンコペーション(リズムの変換を)を導入しました。従って楽譜通りに弾くクラシックの延長であり、またジャズの初期のスタイルでもあります。実際に作曲家も演奏家も黒人半分・白人半分といったところでしょうか・・・

とても難しい技巧ですので弾ける人が少なく、日本で現在ラグタイム・ピアニストとしてプロ活動している人は残念ながらアレェクスェイのみとなります。(アメリカへ渡った日本人ラグタイマーはおりますが、現在ニューヨーク在住です。)

ラグタイムは1973年に ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウ主演の詐欺師とギャンブラーのお話、映画「スティング」で再び大ヒットし、スコット・ジョップリントいう黒人作曲家を一躍有名にしました。また現在でもディズニー・ランドで随時掛かっていますので、子供にも大人気!!!映画では他にも西部劇で頻繁に使われています。著作権の切れた関係で、車(スズキ自動車)のCMに使われたり、スーパーで掛かっていたり意外に身近なところで聴ける音楽です。

有名な曲は、「エンターテイナー」、「メープル・リーフ・ラグ」で、アメリカ西部では、当時ピアニストとが少なかったため、パンチしてある紙ロールの入ったピアノに自動演奏させていました。オルゴールのような仕組みで、紙ロールを入れるとピアノの鍵盤が自動に動くのです。これが蓄音機ができるまでの音楽の楽しみ方でした。少しはお分かりいただけましたでしょうか?



裕美・ルミィヤンツェヴァ

http://plaza.rakuten.co.jp/ragtimema/

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。