横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/25
ジャズって何?スイングって何?
imgfd5b1d1ezik2zj.jpg





という質問をいただきましたので、
早速お返事させていただきました。

色々な意見がありますが、それぞれの心臓が刻むテンポが違うくらい、
様々な考え方で良いと思いますよ。

スイングしないジャズも沢山ありますから、
スイング、イコール、ジャズでもないし・・・スイング感も色々ですね。

自分の躍動に任せて、自然に拍を取るのがスイングで、
譜面に書くのは説明用や練習用。
私自身、ジャズをやるときには
譜面を絶対に持参しない横着者です(笑)←よく怒られますが・・・

何月何日に地球が誕生したとか、
日本が誕生したとかはっきりと言えないくらい、
ジャズの誕生に関して断言できません。

皆が影響し合って繰り広げた音楽を
後からジャズと名付けただけであって、
「ジャズ」をこれから作るぞという計画の元で
奏でられたわけでもありませんから・・・

それと、クラシック以降の音楽を
一般的にポピュラーと呼んでいますので、
ラグタイムから現在に至るまでに登場したジャンルは全て、
こちらに含まれています。

その枝分かれとして、ジャズやボップスやロックがあるので、
国民的人気を得たジャズ曲をポピュラーとしたり、
考え方は色々です。
単に個人的に含める・含めないかだけの違いだと思います。

西洋に元々存在していた「ドレミ」の音階が使用されていた以上、
ジャズの誕生には西洋音楽の影響があります。
そこへ黒人のリズム感などが加わり、
クレオールなどの混血の微妙なニュアンスが溶け込み、
色々な物に刺激されながら、
幾つもの異なるジャンルのジャズが生まれてきました。

ラグタイムでさえ幅広い意味では、
ブルース、クーン・ソング、ピアノ曲、ケーク・ウォーク、
ラグタイム・ソング、ラグタイム・ワルツなどを含みます。

バッハはバロック音楽。でもスイングすれば、ジャズになる。
バッハも沢山変奏していた。
じゃあ、原型から崩れればジャズなの???
当時のバッハもジャズしていたの???
スイングしないジャズもあるから、
バッハはジャズ・ミュージシャン???

どこからどこまでを含むのかは本当に貴方次第。
弾き手、歌い手、吹き手だけでなく、
聴き手も自由に解釈できるところが
ジャズの特徴だと私は感じます。

裕美・ルミィヤンツェヴァ
HIROMI RUMIANTSEVA
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。