横浜出身、川崎在住の裕美・ルミィヤンツェヴァは音楽、語学、研鑚が大好きなラグタイム&ジャズ・シンガー。十ヶ国語以上を学び、世界数十ヶ国、数百都市、数千町村を訪問          
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/03
オードリー・ヘップバーン

3_1

オードリー・ヘップバーンの映画で好きな作品が三つある。

まずは「マイ・フェア・レディ」。
これはジョージ・バーナード・ショウの
「ピグマリオン」を元に作られた傑作である。
花売り小娘が一流の社交界へ出ても
恥ずかしくないような淑女へと
変身していく姿が面白い。

次は「ティファニーで朝食を」。
ニューヨークの五番街で
ショウ・ウインドウ越しに宝石を眺めながら、
フランス・パンをかじるシーンが忘れられない。
何ともいえない粋な娼婦の姿が印象的だ。

三つ目はは勿論「ローマの休日」。
相手役のグレゴリー・ペックが
かっこよすぎるというのを
特に述べておきたいが、
ローマという美しい都が
舞台になっているところも見逃せない。
新聞記者たちが一番印象に残った町を
彼女に尋ねるときに、
紛れもなく「ローマ」と答える
あの名台詞は永遠に繰り返されることでしょう。

ベルギー育ちの彼女は
ナチス占領下であったオランダで貧困を味わう。
その後、デビュー作ではあったものの「ローマの休日で」
見事にアカデミー主演女優賞を受賞。
様々なファッション・デザイナーに愛され、
サブリナ・ブームまで巻き起こし、
オードリーは妖精的存在となる。

弱いものを助けることはそう容易いことではないが
彼女は自ら貧しさを知っていたからこそ、
晩年にユニセフ親善大使として、
与えられた使命に尽力できたのであろう。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 RAGTIMEMAの世界.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。